イタリア映画その2

イタリア映画祭、観て勝手に採点。

「私のことを覚えていて/Ricordati di me」★★★★☆
イタリアのバラエティ番組には番組の合間に超ビキニのダンサー達が必ずといっていいほど登場する。日本と違ってセクシーアイドルからバラドルなどへの「栄転」はあまりないらしいが、サッカー選手の彼女だったりはするらしい。映画は家族の物語で一家の娘がこの番組付属ダンサーに抜擢されるエピソードがあってその過程が過酷。芸能界ってコワイね(笑)。また夫婦喧嘩のシーンで奥さんが真剣に怒ってるのだけど日本人的にはあまりにも感情的というかヒステリックすぎて、多分笑うシーンじゃないと思うのだけど会場からは笑いがもれてちょっと違和感。良くも悪くも今どきのイタリア人家族なのかも。マンマがパスタ作ってみんなでいただきまーす、という話では全然ないけど、楽しかった。

「ローマの人々/Gente di Roma」★★★★☆
エットーレ・スコラならではの期待通り。バスの女性運転手が狂言回しではないが合間合間に出て来るものの、筋書きはなく、ただ淡々と人々が描写される。でも私たちが思うローマ人でなく、いわゆるローマという大都会に住む外国人をはじめとするマイノリティへその視線は注がれている。多少は旅行経験があるので、「あ、あの何番のバス乗ったなあ。あの広場から駅にいくんだよね」なんて思い出して、ものすごくイタリアいきたくなる。ローマ弁ってなんか聞き取りにくい。普通のイタリア語も聞き取れないけど。

「愛の果てへの旅/Le conseguenze dell' amore」★★★★★★
上記の2作がお目当てで、ついでに観た作品だったのだが、意外や大当たり。メロドラマ臭い邦題をつけたセンスを疑うけど、とってもスタイリッシュかつクールな作品。音楽もかっこいい。来日した助演女優がいうように、この作品はその映像のリズムがすごく重要視されている。テンポがいいというのでなくて、韻律がクールなのだ。スイスとマフィアがでてきたら「資金洗浄」しかないのはお約束かもしれないけど、でも上記すべてに言えることだが、イタリア映画=「ニューシネマパラダイス」のようなものでは全然ない。全然ないから日本で封切られずこういう機会にしか観られないのでもあるけど。

ここまで一日でつづけて3本みた。そして翌日に次の2本。

「スリー・ステップ・ダンス/Ballo a tre passi」★★★1/2☆
たとえばフェリーニの映画にあるような脈絡のなさがイタリア映画らしいなと思わせる作品だった。春夏秋冬をテーマに相互につながる4つのエピソードからなるのだが、フェリーニの「アマルコルド」がめぐりめぐって1年のお話ならば、こちらは少年、青年、中年、晩年という大きな流れの隠喩でもある。でも、最後が私には意味不明だった。

「愛はふたたび/L'amore ritrovato」★★☆☆☆
未練たらたら不倫三昧だけど別れたら女の方が前向きだね、というコテコテのラブストーリー。

と、感想文を書いてみました。最後にこの機に来日してる俳優監督らによる座談会があって、人気俳優のステファノ・アッコルシ(最後の作品に主演している)が「イタリアではもう『自転車泥棒』や『甘い生活』なんて観た事ない人の方が多いけど、ここ(会場)にいる人って観た事ある?」と会場に聞くと、大多数が(私も)挙手。残念だけど今の人はそういう昔のいいものを観る人がいないという話に持っていきたかった彼が「ここにいる人たちは特殊だよ(笑)」という一幕も。
イタリア好きイタリア映画好き大集合なので当然の結果なのだけど、やっぱり、私もどれも楽しく鑑賞したのでした。

チネマ・イタリアーナ

 ここ数年わたしにとってのゴールデンウィークのお楽しみイタリア映画祭の季節となりました。毎年1、2本ずつみているのですが、今回は一気に5作品見る予定。
 
 まず楽しみなのがエットーレ・スコラ監督の「ローマの人々」という作品。この人の作品はストーリーがあるというより、淡々とした人間描写のような感じなのだけど、今回もそんな感じらしい。ちょっと前の作品星降る夜のリストランテはレンタルビデオ店でもあると思うので、イタリアのレストランにいるような気分になりたいときはお薦めです。

 といいながら、ここ数年封ぎられたイタリア映画はほとんど見ていなくて、先日息子の部屋ぼくは怖くないを、レンタルDVD半額キャンペーンを機にやっとみた。

 前者の監督ナンニ・モレッティは昔「赤いシュート」というさっぱりわからない映画をはじめいくつか見ているが、内容以前にいつも「なぜそこで急に踊りだす?!」「なぜここでカメラ目線??」みたいな気がそれてしまうシーンが(イタリア映画全般にありがちではあるけど)今回はなくてよかった。後者はコドモはかわいいのだが、洒落にならないイタリアのダークサイドのお話だった。一昨年イタリアに旅行したとき原作本(映画の脚本も原作者)がベストセラーのようだった。ガキ大将役がほんとに悪そうなのと、お母さんが南イタリア女性らしいセクシーさ全開なのが印象的だが、妹役の子がいつもおいしそうなもの手に持ってるのがまたかわいい。

リャマはらくだの仲間らしい

グループ展でさぼり続けていたプールにの帰りに予定外で映画を2本みた。
自転車でかえる途中にいわゆる名画座があり、最近の上映予定の看板をなにげにチェックしたところ、ラブリーならくだが目にとまる。かわいぃ。

 ちょうど初回の映画がはじまって10分ちょっとの頃で、そのあとに「らくだの涙」。あさってまでだし、また今度といったら絶対もう観ないと思って、隣のコンビニでおにぎりなど買って(二本立てだし!)入場。

 目当てでなかったものの楽しめた「ディープ・ブルー」はWATARIDORIの海洋版といったところで、こういう映画は家の小さなテレビで鑑賞したら魅力は半減だ。しかし、この映画館のフライヤーでこの映画の出演のところに、わざわざ「海の生物」とある。ちゃんとギャラもらえたのか心配(笑)>海の生物のみなさん。

 「らくだの涙」は、子育て拒否のお母さんらくだと、白くてふわふわなとってもかわいい赤ちゃんらくだが馬頭琴の音色と(人間の)お母さんの歌声で仲直りするモンゴルのドキュメントタッチのお話。

 私の好きなリャマはよだれがとてもくさいらしいのだが、らくだもお仲間だけあって、威嚇したりする時の「武器」として、ぷっ!っとやるらしい。劇中でもお母さんらくだ(まだ、子育てストライキ中)がたびたびやっているのを、モンゴルの人が「マトリックス」のビュレットシーンのごとく避けているのをみて、かなりリーサルウェポンなのかもと思った。

こたつでぽんやり。

グループ展がほんとうにいい陽気に恵まれただけに
この数日の寒さは堪える。コートなどももう片付けてしまい、
とりあえず残っていた厚手の服をむりやり重ねて着てでかけたりした。

先週までがすごくタイトだったのもあって、
メール書いたりして、あまり出かけないでのんびりしている。
それこそ先週いそがしくなかったら、あの好天続きに
うかれて、コタツを片付けてしまっていたにちがいない。
片付けないでほんとぅによかったとコタツの中でおもう。

ところで、お友達が銀座プランタンにて、ジュエリー&アクセサリーの
春の新作展をしています。18日まで。
私のお気に入りでお友達にも人気の「レンコン」のピアスは彼女の作品です。
1階エントランスそばのアクセソワールの売場で、目印は「アトリエブラン」なり。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

links

profile

selected entries

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM